トップへプログラムへアルゴクラブへ算数オリンピックへ入室案内へアクセスへ室生向けお知らせページへ
アルゴクラブについて

ピーター フランクル氏

「算数オリンピック数理教室アルゴクラブ」は、算数オリンピック委員会が発起したアルゴ数理教育システムの実践を通じて低学年の子どもたちに考え抜くことの喜びを体感させて本物の思考力を養うことを目的としたプログラムです。

そのプログラムで使うメイン教材が「アルゴ」というゲームです。「アルゴ」は、算数オリンピック委員会、数学者ピーター・フランクル氏、東京大学算数研究会が共同で開発したカードゲーム。簡単なルールの中で、集中力、記憶力、分析力が身につき、遊びながら論理的思考力を養うことができます。


アルゴアルゴ対戦風景ピーキューブ

他にも、空間認識力の向上を目指す「ピーキューブ」、平面図形のセンスや想像力を養う「ジオ・1」「ジオ・2」「アイキューブ」などなど、魅力的な教材がたくさんあります。また、いずれの教材においても、コミュニケーション能力やマナーなどを身につけることも目標としています。

いたもと算数教室では、2年生・3年生の授業でこのアルゴクラブのプログラムを行います。
(2年生はアルゴクラブプログラムのみ(90分間)。3年生はアルゴクラブプログラム(90分間)の他に、オリジナルパズルを解くプログラムを40分間行います)


アルゴクラブ・ロゴマークアルゴクラブの公式サイトはこちらです。

ライン

いたもと算数教室

〒211-0011 神奈川県川崎市中原区下沼部1751 グリーンスクエア2-A
E-Mail:itasan@mild.ocn.ne.jp
TEL:044-740-9877
FAX:044-433-3985